シーンとエピソード、そして文字数(本題)

「なろう」になじめない中年作者が思ったことを書くエッセイ 「なろう」になじめない中年作者が思ったことを書くエッセイ
この記事は約4分で読めます。

このエッセイは、小説家になろうでの連載作品を一部改稿のうえ転載したものです。
 その点をご留意の上、お読みください。

Web小説において尽きない話題のひとつに、1話あたりの文字数がある。

小説1話あたり、いったい何文字が最適なのか?

Googleにて検索すると、諸先輩方の書かれたエッセイやブログを見ることができる。
パソコンかスマホか、どこの投稿サイトを利用するのかにもよるだろうが、おおよそ1,000~2,000字、あるいは3,500~5,000字に二分されるようだ。

ちなみにこのエッセイは、1,600~2,000字を目安にしている。
400字詰め原稿用紙にして4~5枚程度。構成を決めて書くわけではないが、なぜか毎回そのくらいでオチがつく。私にとって書きやすい長さなのだろう。

一方、短編小説を分割し【連載版】として再投稿した小説は、約800~2,000字。平均すれば1,100字くらい。
自分で読んでみても、ちょっと短いなと感じる長さだ。

実をいうと、この文字数に狙いはない。
ごく単純に、私自身が「小説家になろう」掲載の作品を読んでいて、心折れそうになる1,000~1,500字あたりを目安にしただけだ。加えて連載小説として成立させるには、各話を適当なエピソードにまとめる必要がある。どこにはさみを入れるか、どこに入れるのが正しいのか、自信はまったくなかった。

いや、いま読み返しても、正しい判断ができたとは思えない。
分割したそれぞれが、独立したエピソードに見えないのだ。

……念の為。
このエッセイでは、全体のストーリーを構成するパーツのひとつとして、エピソードという言葉を使っている。エピソードとは、そこだけ取り出したとしても物語として成立しているものを指す、と私は思う。そして数々のエピソードがつながり、重なり合うことで、全体のストーリーができあがる。

私が切り刻んで作ったのは、ただシーンの切れ端に過ぎないのではないか?

エピソードとシーンの違いはあいまいだ。ほぼ同義的に扱われることもある。
私の感覚では、シーンの集合体がエピソードを作り上げる。シーンはあくまで時間と場所を区切ったものであり、言い換えるなら場面だ。ひとつの場面で物語が始まり、展開し、終わるとは限らない(もちろん終わる場合もある)。

……あまり考えすぎると泥沼にハマりそうな話題だが、よい事例が手近にあった。

新聞の連載小説だ。

我が家は新聞をとっていない。しかし実家ではよく目を通していた。当時のスクラップは今も押入れの中にある。
だが、連載小説を読んだことはなかった。ごくたまーに、ちょっとエロい挿絵に誘われて読んだだけで、続けて読むほど興味を引かれなかった。理由ははっきりしている。

短すぎるからだ。

24字の48行、単純計算で1,152字、原稿用紙にして2.8枚。
新潮文庫なら1ページ半。

そりゃあ、1,152字でも、できることはたくさんある。プロが書いているんだから面白いんだろうとも思う。私が学生のころでも宮部みゆき先生が書くと告知が出て「今度は読んでみようかな」と思ったこともあった。思っただけで挫折したわけだが、単行本でまとめて読めば間違いなく面白かろうと思う。

でも、正直、1,152字(実際はもっと少ない)だけ出されても、ふーん、なのである。

それはいま考えてみるに、エピソードのパーツ、シーンしか書かれていなかったからではないだろうか。
あるいはストーリーに必要な説明か、描写か。
いずれにしても、私を物語世界に引き込むために必要だった「なにか」は不足していたわけで、自分が1,100字前後の文章を作ってみて気づいたのは、物語性の欠如だった。

あるシーンだけを抜き出しても、その物語の概要はそうそう伝わらない。
ただどんな作品でも、冒頭はあるシーンから始まるものだ。そこで読むのをやめる人もいるし、続きを読む人もいる。でも、続きを読む人のなかには、ひょっとしたら私のように「続きが手元にあるから」読む人もいるのではないだろうか。そして逆に「続きが手元にないから」読むのをやめてしまう人もいるのではないだろうか。

その点で考えれば、Web小説は新聞連載よりも有利である。
続きさえ書いておけば、離れない読者が一定数いるのだから。
また例え1話1話がシーンの切れ端に過ぎなくても、続きを読んでさえもらえればエピソードは読者に届き、作者が本来狙っている物語を感じてもらうことができる。

ま、そこまで読まれて、ふーん、なら自分の力量不足なんだけど。

私自身がエピソードとシーンの違いを、どれだけ認識できていたか。欠けていた要素はこれかと思う。
特に連載小説において、エピソードの区切りを把握できていなかったのは、本当に痛かった。せめて、せめてエピソードの終わりまでシーンを連続投稿するくらいのことができていれば……結果は変わらなかったかもしれないけど、自分でもう少し気に入った仕上がりになった気がする。

今回はイレギュラーな連載だったが、次はぜひ、はじめから連載小説として書いてみたい。
たぶんまったく違うものが見えてくるんだろう。

「読んだよ!」と教えてくれると嬉しいです。
  • 読んだよ! 
  • また今度! 
タイトルとURLをコピーしました